各項目の特徴

​値が低い場合

値が高い場合

機敏性(行動の素早さ)

行動が早いか、(反射的な)活動の早さを示し指標です。書類を折る、封筒詰めする、来客に際し、すぐ席を立ち応対するなど、実際の行動の機敏さを示す指標です。

腰が重い、落ち着きがある。

フットワークが軽い。

内省性(行動前後の悩む傾向)

物事をよく考える・悩む傾向を示す指標です。あまりに値が高いと考えるばかりで行動が遅くなったり減ることがあるでしょうし、あまりにが低い場合には、思慮が浅い、行動が投げやり、大雑把になる、反省がないといった傾向が現れます。

考えるより行動する。

物事を掘り下げて考える。

行動が遅くなる。

​計画自体に興味を持つ傾向がある。

慎重性(楽観・悲観)

行動を起こす際、何かの物事に向き合う際の慎重さを示す指標です。あまりに値が高ければ行動が遅くなり、ときには頑迷、頑固に動かない人に見えることがあるかもしれませんし、あまりに低い場合には慎重さが求められる職種では苦労するかもしれません。

軽率になりやすい、

​決断が早い。

見通しをつける、

優柔不断になりやすい、

​不安感が強い。

持続性(粘り強さと臨機応変さ)

テキストです。ここをクリックし「テキストを編集」を選択して編集してください。「テキスト設定」からフォントや文字サイズ、文字色などを変更することもできます。

諦めが早い、計画性がない、

状況の変化に

​臨機応変な対応ができる。

粘り強い。

状況の変化に

​柔軟な対応ができない。

敏感性

情緒が安定、

​相手の意図を汲み取るのが不得手。

繊細、感情が細やか、心配性、

神経質。極端に高い場合は、

​組織に適応しにくい。

自責性

くよくよしない、楽観的。

弱気になりやすい。

気分性

気分に波がない。

周囲に影響されやすい、

​行動に一貫性がない。

自信性

弱気になりやすい、親和的。

自尊心が強い、自信過剰。

極端に高い場合は、周囲との

​摩擦を引き起こす可能性あり。

高揚性

浮ついたところがない。

明るい、自由奔放、散漫。

外交性

対人関係に積極的。

​交際が広く、浅い。

対人関係に消極的。

​極端に高い場合はマイナスです。